Photographer: Andrew Harrer

ドルは年内に約5%下落へ、双子の赤字に注目戻る-ブランディワイン

  • 最近の上昇で割高感、米国債利回り上昇も鈍化へ-ローレンス氏
  • トランプ政権はドル安を歓迎する公算、政策目標実現に有利

ドルは年末までに約5%下落する見通しだ。米国が抱える双子の赤字悪化に市場の関心が戻り、米国債利回りの上昇が止まるためだと、ブランディワイン・グローバル・インベストメント・マネジメントが指摘した。

  同社のポートフォリオ・マネジメント担当シニア・バイス・プレジデントのリチャード・ローレンス氏は、最近の上昇でバリュエーションが伸びきったためドルは売られやすくなったとし、トランプ政権がドル安に歯止めをかける公算は小さいとの見方を示した。

  ローレンス氏は18日にシンガポールで応じたインタビューで、「年末時点のドルは、現水準より恐らく1桁台半ばほど下がっている可能性がある」と予測。ドルは過大評価されており、「双子の赤字問題がドルに一定の圧力をかけるはずだ」と続けた。

  トランプ政権は実際、ドル安を歓迎するかもしれないとローレンス氏は指摘し、「政権の政策目標は製造業基盤の再活性化を軸にしている。この目標実現においてドル安は最も歓迎されるため、政府がドル安を阻もうと何か手を打つとは思わない」と説明した。

  米国債についてはアンダーウエートとし、年末時点の10年債利回りは現水準付近をローレンス氏は予想。「インフレ要因とディスインフレ要因とがせめぎ合っている。それが利回りのボラティリティーを上昇させているが、なかなかレンジを抜けられない」と述べた。

原題:Dollar May Drop 5% as Deficits Return to Focus, Fund Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE