Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

ロンドン住宅値下がり-英国のEU離脱巡る不透明感響く

  • ロンドンの住宅価格は5月に前年同月比で0.2%下落-ライトムーブ
  • 5月の英国全体の住宅価格は前年同月比で1.1%上昇し過去最高
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

ロンドンの不動産市場は、英国が準備を進める欧州連合(EU)離脱が見通しに影を落とす中、引き続き弱い展開となっていることが21日発表のデータで示された。

  英住宅不動産ウェブサイト、ライトムーブの発表によると、ロンドンの住宅価格は5月に前年同月比で0.2%下落。一方、アカデータが公表したデータでは、4月の前年同月比の騰落率はロンドンだけが下落となり、2.5%安を記録した。英国全体では1%の上昇だったという。

  ロンドンはEU離脱を巡る不透明感による影響が最も顕著となっている。全国レベルでは、数年間に及ぶ住宅価格の上昇と売却物件の不足から、購入を希望する多くの人たちにとって住宅は手が届きにくいものとなっている。

  ライトムーブによれば、5月の英国全体の平均住宅価格は前年同月比で1.1%上昇し30万8075ポンド(約4600万円)と過去最高を記録した。

原題:London Housing Slump Deepens as Brexit Slows U.K. Property(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE