Photographer: John Taggart/

米国債利回りの上昇、明確な理由不在が最大の懸念事項か-ドイツ銀

  • 足元の10年債の動きを「誰も理解していない」-スロック氏
  • 「最大のリスクは長期金利のさらなる上昇」という見方で顧客と一致

米経済が好調との理由で金利が上昇する限り、それは「ノーマライゼーション(正常化)」を意味するとの見方をJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は今月示し、10年債利回りの4%到達に備えるよう投資家に助言した。だが、利回り上昇の理由が全く不透明だとしたらどうだろうか。

  先週の10年債利回り急上昇を受け、ドイツ銀行のトルステン・スロック氏はそんな疑問を呈した。同氏によれば、米国債入札での需要低迷や不安をあおるほどのインフレ加速を示す指標などの明確な材料がなかったにもかかわらず、利回りは週初から17日終了までに16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)も上昇。ただ18日は一転して6週間ぶりの大きな低下となった。

  同行でチーフ国際エコノミストを務めるスロック氏は19日の顧客向けリポートで、「10年債がジェットコースターのような大きな動きになった理由を誰も理解していない」と指摘。「市場が説明できないのなら、それが示唆するものが何であるかを市場が分かっていないことを意味する」と述べた。

  先週半ばの利回り上昇の背景にあるのは「爆発寸前の不安」かもしれないと言う同氏は、そうした不安要因の一部として、拡大する米財政赤字、ヘッジコスト上昇に伴う海外投資家の米国債需要減退、制限速度を超える米経済成長がインフレ加速につながるとの懸念を挙げた。これら全てが米国債を注視することの重要性を高めるという。
  
  同氏は「大半の顧客とは、この展開における最大のリスクは長期金利のさらなる上昇であるとの見方で一致している」と語った。

PIMCOのアジア太平洋ポートフォリオマネジメント共同責任者ロバート・ミード氏、債券市場についてコメント

(出所:Bloomberg)

原題:Biggest Worry About U.S. Yield Climb May Be Its Lack of Trigger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE