タイ:1-3月GDPは前年同期比4.8%増、予想上回る-輸出増で

  • エコノミスト18人の予想中央値は4%だった
  • 前期比では季節調整済みで2%増-予想中央値は1.2%増

タイの1-3月(第1四半期)の経済成長率は、エコノミスト予想を上回った。輸出と観光の増加が寄与した。

  国家経済社会開発庁(NESDB)の発表によると、国内総生産(GDP)は前年同期比4.8%増。ブルームバーグが調査したエコノミスト18人の予想中央値は4%だった。前期比では季節調整済みで2%増。予想中央値は1.2%増だった。

  軍事政権の誕生から4年たった現在、タイ経済は輸出と観光の回復に支えられ回復しつつある。タイ銀行(中央銀行)は先週、企業が投資に依然慎重な中で景気回復を支援するため、政策金利を過去最低に近い水準に据え置いた。

原題:Thailand’s Economic Growth Beats All Forecasts as Exports Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE