メーガン妃はジバンシィのウエディングドレス着用-LVMHの勝利

  • ジバンシィの英国人女性デザイナーと話し合ってデザインを完成
  • 英国の才能ある人の成功を世間に示す意味もあった
Prince Harry, Duke of Sussex kisses his wife Meghan, Duchess of Sussex as they leave St George's Chapel Photographer: BEN STANSALL/AFP
Photographer: BEN STANSALL/AFP

19日のヘンリー英王子との結婚式でメーガン妃は仏ブランド「ジバンシィ」のクレア・ワイト・ケラー氏がデザインしたウエディングドレスを着用した。ジバンシィが1952年に創設されて以来、初の女性アーティスティック・ディレクターとなった英国人デザイナー、ケラー氏にとって大変な名誉となった。

  ケンジントン宮殿はこの日、ウェブサイトに掲載した発表資料で、メーガン妃がドレスを選ぶ際、ケラー氏の「時代を超越したエレガントな美的センス、非の打ちどころがない仕立て、ゆったりしたイメージ」を評価したと説明。またメーガン妃は英国の才能ある人の成功を世間に示したかったとも述べた。メーガン妃とケラー氏は話し合いを重ねてデザインを完成させたという。

  ケラー氏は昨年、ジバンシィのアーティスティック・ディレクターに指名された。それ以前は世界的ブランドのクロエやプリングル・オブ・スコットランドのクリエーティブ責任者を務めていた。ジバンシィはフランスの高級品メーカー、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの主要ファッションブランドの1つ。

ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂に到着したメーガン妃

フォトグラファー:Ben Stansall / AFP via Getty Images

  LVMH株は年初来26%上昇。中国からの需要に支えられ1-3月期の売上高は好調だった。
原題:Markle’s Wedding Dress Is a Big Win for LVMH’s Givenchy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE