米国株配当、1-3月は過去最高1130億ドル-ジャナス・ヘンダーソン

米国株の配当は1-3月(第1四半期)に過去最高となる1130億ドル(約12兆5400億円)に達した。約80%の企業が前年同期に比べて配当を増やした。ジャナス・ヘンダーソン・グループの20日付リポートで明らかになった。

  同社のグローバル・エクイティ・インカム担当ディレクター、ベン・ロフトハウス氏は発表資料で「最近の米法人税改革がこの流れを後押しするかもしれない」と指摘した。また、「第2四半期は欧州の配当にとって時期的に重要で、より幅広い業種や国が貢献するだろう」と説明した。

  ジャナス・ヘンダーソンの指数によると、1-3月の世界の配当は前年同期比10%増の2447億ドルで、これも過去最高だった。昨年は通年で1兆2520億ドルと過去最高を更新したが、今年はドル安も手伝ってそれをさらに8.5%上回る見通しだ。

原題:U.S. Stock Dividends Reach Record $113 Billion in First Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE