韓国LGの具本茂会長が死去-23年間で世界的企業に育成

  • 後任には養子の具光謨氏が6月の株主総会後に就任する見込み
  • 具会長の下、LGグループの売り上げは5倍余り拡大

韓国4位の企業グループであるLGグループの具本茂会長が死去した。73歳だった。具氏は国内の低価格家電メーカーだったLGを20年余りでテクノロジーおよび化学分野の世界的企業に育て上げた。

具本茂氏(2016年)

フォトグラファー:SeongJoon Cho / Bloomberg

  LGグループが電子メールで配布した資料によると、具会長はソウル時間20日午前9時52分(日本時間同)に死去。1年前に病に倒れた後、延命措置は望まなかったという。

  具会長のおいで2004年に養子となった具光謨氏(40)が後継者となる見込み。情報ディスプレー部門副社長を務める光謨氏は17日にLGの取締役に推され、6月29日の株式総会での承認を経て就任する。

  具会長の下、LGグループの売り上げは23年間で5倍余り拡大し、17年は160兆ウォン(約16兆円)を記録。海外売上高は同じ期間に10倍増え、110兆ウォンに達した。

原題:LG Patriarch Who Built Business Empire Over 23 Years Dies at 73(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE