ジュリアーニ氏:特別検察官は米大統領聴取の範囲を限定する用意

更新日時
  • 米朝首脳会談が予定される6月12日までに聴取巡る交渉終了を目指す
  • 実際に聴取が行われる場合、それ以降に実施へ

トランプ米大統領の弁護士の1人、ルディ・ジュリアーニ氏は17日、モラー特別検察官による同大統領の聴取について、3月に大統領の法律チームに提示した質問から範囲を絞る用意があると示唆したことを明らかにした。

  ジュリアーニ氏はまた、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とシンガポールで会談する予定の6月12日までに大統領聴取に関する交渉を終了させることを目指すと語った。実際に聴取が行われる場合、それ以降となる。

  同氏は電話インタビューで「そのようになれば、シンガポールから帰国した12日以降に何らかの聴取や召喚状との闘いに準備をすることができるかどうかが分かる」と述べた。

  モラー特別検察官のチームは、ジュリアーニ氏の要求の1つである大統領聴取後速やかな捜査終了について言質を与えていない。しかし、ジュリアーニ氏はそれが交渉の次のステップだとの考えを示した。

原題:Giuliani Says Mueller Willing to Limit Scope of Trump Interview(抜粋)

(ジュリアーニ氏の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE