ウェルズ・ファーゴ、複数の行員が顧客記録を改ざん-WSJ

米銀ウェルズ・ファーゴで、法人向け銀行業務を担当する複数の行員が顧客に知られることなく社内顧客記録に情報を追加していたことが発覚したと、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

  報道によると、ウェルズ・ファーゴは不正行為を発見し、米通貨監督庁(OCC)に報告。複数の行員は2017年と今年初めに、マネーロンダリング(資金洗浄)防止に関連する規制上の要件を満たす狙いで文書を改ざんした。

  ウェルズ・ファーゴ広報担当者のマーク・フォーク氏に電話でコメントを要請したが、応答はない。

  同社は17日の米市場で一時、前日比1.8%安となった。24銘柄で構成するKBW銀行株指数の中では下落率最大となっている。

原題:Wells Fargo Employees Improperly Altered Documents, WSJ Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE