ロンドン外為:英ポンド、上げ幅縮小-関税同盟巡る臆測で

訂正済み

ロンドン時間17日午前の外国為替市場で、英ポンドが上げ幅を縮小。英国が2021年以降も欧州連合(EU)の関税同盟に残る用意があるとの観測について、英首相府の当局者がこれを否定したとロイター通信が伝えたことが響いた。
  
  ポンドはロイター報道前は、対ドルで0.6%上げていた。現地時間午前8時42分(日本時間午後4時42分)現在は0.3%高の1.3523ドルでの取引。

原題:Pound Trims Gains on Speculation Surrounding Customs Union(抜粋)

(見出しを関税同盟に訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE