米フェイスブックのユーザー個人情報、ロシアに流出も-内部告発者

  • 元CA社員のワイリー氏が米上院司法委員会で証言
  • 「FBIから連絡を受けている」と公聴会会場の外でワイリー氏

フェイスブックのユーザー情報が英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)による選挙広告ターゲットの選定にどう利用されたかを暴露したクリストファー・ワイリー氏は16日、CAがこうした情報をロシアと共有していた可能性があると米上院司法委員会の公聴会で述べた。

  CAとその関連会社SCLグループの調査担当ディレクターだった同氏はロシア企業や工作員とCAが連絡を取り合っていたことで、フェイスブックの米国内ユーザー8700万人のデータがアクセスされやすくなった可能性があると証言。

  CAのアレクサンダー・ニックス最高経営責任者(CEO、当時)がロシアの石油会社ルクオイルと接触していたため、ユーザーの個人情報がロシア側に「共有され悪用されたかもしれない」と語った。

  同CEOとCAはプレゼンテーションを行い、CAが収集したデータやネット上での米国民のターゲティングに関する文書を含め複数の資料をルクオイルに送ったという。たとえユーザーの個人情報がロシア側に明確に渡らなかったとしても、「データの規模や場所は知られた」とし、工作員が比較的容易にデータにアクセスできる状態だっただろうと説明した。

  ワイリー氏は公聴会会場の外で、2016年米大統領選へのロシアの関与についてのモラー米特別検察官の捜査で事情を聴かれたかと問われた際、「連邦捜査局(FBI)から連絡を受けていることしか言えない」と答えた。

原題:Facebook User Data May Have Gone to Russia, Whistle-Blower Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE