Photographer: Tomohiro Ohsumi

ドル・円が1月以来の高値、米長期金利上昇で110円半ば-ポンド全面高

更新日時
  • 午後に入り一時110円57銭までドル高・円安に振れる
  • ドル・円、米中協議や米朝会談が重しも米金利支え-外為オンライン
Photographer: Tomohiro Ohsumi

東京外国為替市場のドル・円相場は1月以来の高値を付けた。午後に入り米長期金利が上昇したことを受けて、ドル買い・円売りが優勢となった。一方、英国が欧州連合(EU)関税同盟にとどまる提案との英紙テレグラフ報道を受けて、ポンドは主要通貨に対して全面高となった。

  17日午後3時31分現在、ドル・円は前日比0.1%高の1ドル=110円54銭。米中貿易協議や米朝首脳会談を巡る不透明感が重しとなり、午前に一時110円08銭まで下落した後、午後に入り徐々に値を戻し、一時110円57銭と1月23日以来のドル高・円安水準を付けた。

  外為オンライン情報サービス室の佐藤正和顧問は、ドル・円について「米中貿易協議や米朝首脳会談延期の可能性など、円高材料はいろいろあるが、米金利の高水準に下支えられている。110円台を値固め。米長期金利も3%台に乗せて下がらない」と説明した。

  米長期金利はこの日の時間外取引で、一時2ベーシスポイント(bp)上昇の3.121%と2011年7月8日以来の高水準を付けた。

  トランプ米政権は16日、中国との貿易協議を17、18日にワシントンで開催すると発表。中国商務省の高峰報道官は17日、中国は米国との貿易関係の悪化を望まず、中国が対話によって両国の相違を抑制でき、合意を拡大できるよう望んでいると述べた。

  外為オンラインの佐藤氏は、米中貿易協議に関して、「中国はある程度穏便に収めようとの意図があり、米国が強硬なことを言わない限り、落ち着きどころを探る展開。トランプ大統領は最初に大きく出る姿勢を見せて、最後に落ち着きどころを探る戦略」との見方を示した。

米朝首脳会談に関する記事はこちらをご覧下さい。
  

  ポンド・ドル相場は同時刻現在、0.3%高の1ポンド=1.3530ドル。一時0.6%高の1.3569ドルまでポンド高・ドル安が進んだ。ユーロ・ドル相場は0.1%安の1ユーロ=1.1798ドル。前日には一時1.1764ドルと17年12月18日以来のユーロ安・ドル高水準を付けた。

  ステート・ストリート銀行の若林徳広在日代表兼東京支店長は、ポンド・ドルについて「英国がEU関税同盟にとどまるとの英紙報道が、ポンドに大きな影響を与えている。英国は輸入国なので、EU関税同盟の恩恵がないと高コストがさらに高くなる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE