マイクロソフト、「サーフェス」廉価版を年後半にも発売

  • 価格を400ドル程度に抑えた製品と関係者
  • スクリーンは10インチで、標準的なアイパッドとほぼ同じ-関係者

The Surface Pro

Source: Microsoft

マイクロソフトはタブレット端末「サーフェス」シリーズで価格を400ドル(約4万4000円)程度に抑えた廉価版を2018年後半にも発売する計画を進めている。米アップル「iPad(アイパッド)」の強さが目立つ市場に食い込みたい考えだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者によれば、新しいタブレットのスクリーンは10インチで、標準的なアイパッドとほぼ同じ。サーフェス「プロ」シリーズで使われている12インチのスクリーンよりは小さくなるという。

  マイクロソフトの広報担当ピーター・ウットン氏はコメントを控えた。

原題:Microsoft Is Said to Plan Low-Cost Tablet Line to Rival IPad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE