米10年債利回り3.09%超の衝撃、じりじり進む上昇の予兆か

  • 10年債利回りは11年以来の高水準-3週間続いたレンジから上振れ
  • 利上げ局面での国債発行増が本当の懸念材料-ブリッグス氏

米国債市場に生じた大きな衝撃は、ほとんどのトレーダーが来るとは思っていなかった日に到来した。

  大局的に見て指標の10年債利回りが2018年と14年に付けた高水準を上回っていく特別な要因があったわけではない。10年債利回りが先月に3%の心理的節目を上回った際も明確なカタリストはなかった。ここでは債券相場を下落に導いた確かな証拠というよりも、米金融当局の利上げによる潜在的な圧力、米国債供給の増加、インフレ加速が世界最大の債券市場の重しとなり、すぐには解消されないであろうことが明らかになりつつある。

  ナットウエスト・マーケッツの米州戦略責任者ジョン・ブリッグス氏は「マーケットの取引は既に脆弱(ぜいじゃく)だった。過去1週間程度にわたって『良い』ニュースがあっても相場は上がらず、3%付近にとどまる時間が長くなればなるほど買いにくくなった」と説明した。「金融当局の動きとともに、赤字穴埋めの国債供給が本当に懸念されている」と付け加えた。
      

  15日の米国債市場で10年債利回りは一時3.093%と3カ月ぶりの大きな上昇となり、14年1月2日の日中のピークを上回った。トレーダー間では現在3.2%付近が視野に入っているが、これはS&Pグローバル・レーティングが米国債の格付けを引き下げ、米国債へ質への投資に拍車が掛かる直前の11年半ばに付けた水準だ。

  ただ、過去数週間の動きが何かを示しているとするなら、10年債利回りがすぐさま11年の最高水準を試すことはなさそうだ。資産運用者の10年債先物のネットロング(買い越し)は前例のないほど膨らみ、ヘッジファンドや他の大口投機家の恒常的なネットショート(売り越し)の一部を相殺する。
       
  ポジションが膨らんだ17年の早い時期を例に見ると、投機家はマーケットが予想に反して動く中でショートポジションを買い戻した。投機家がネットロングへ向かうにつれ、10年債利回りは同年3月半ばから4月半ばまでの5週間で約50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下したが、今回は投機家の動きにまだほとんど変化がない。

  モルガン・スタンレーのグローバル金利戦略責任者、マシュー・ホーンバッハ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「デュレーションのポジションを追加するには良い水準だ」と述べた上で、「3.5%、3.75%、4%へと進むようなマーケットではない。われわれが予想するインフレの水準を考慮すると、利回りがそこまで上昇するとはみていない」と語った。

  ホーンバッハ氏は、長期債利回りはいずれ低下し、利回り曲線は長短が逆転すると予想する。BMOキャピタル・マーケッツのイアン・リンゲン、アーロン・コーリ両氏も同じ見方だ。ただ両氏は、「弱気相場を尊重しなければならない」と述べ、今すぐにロング(買い持ち)するつもりはないとも述べた。

原題:Treasuries’ Day of Reckoning Shows Bond Selloff Will Be a Grind(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE