コンテンツにスキップする

ユナイテッド・テク分割求める声拡大-アックマン氏がローブ氏に追随

米複合企業ユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)の分割を求める声が高まっている。

  アクティビスト(物言う投資家)として知られるビル・アックマン氏は15日、同じく物言う投資家のダン・ローブ氏に続き、UTCの3分割を主張した。アックマン氏率いるパーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントは2億4500万ドル(約270億円)相当のUTC株を保有していることについて説明。ローブ氏率いるサード・ポイントは、8億9300万ドル相当のUTC株保有を明らかにしていた。

  アックマン氏は電話会議で、UTCについて「最後に残っている複合企業の1つだ」とした上で、「バークシャー・ハサウェイを除いて、複合企業の実績は芳しくない」と指摘した。

Lagging Return

  アックマン氏は、UTCの事業部門は優れているが、各部門の価値は同業に比べて割安な水準にあると指摘。航空宇宙、エレベーター、空調の3事業を独立した会社に分割すれば、それぞれの事業の効率が高まると主張した。

  UTCの担当者はコメントを控えた。

原題:Ackman Joins Loeb in Push to Break United Technologies Apart (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE