FAANGから逃げ出すヘッジファンド-第1四半期は軒並み売り越し

  • アパルーサ、アップル株約860億円相当を全て売却-届け出
  • シタデルとルネサンス、アルファベット株の持ち高圧縮

The Apple Inc. logo

Photographer: Jasper Juinen
Photographer: Jasper Juinen

テクノロジー大手のフェイスブックとアマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットを表す「FAANG」銘柄が優位性を失いつつある。ブルームバーグが集計したヘッジファンドの売買動向の暫定データで分かった。

  それによると、ヘッジファンドは1-3月(第1四半期)にフェイスブック以外のFAANG銘柄を売り越した。昨年アップル株の持ち高を3倍に増やした資産家デービッド・テッパー氏は方針を急転換。当局への届け出によれば、同氏が率いるアパルーサ・マネジメントは第1四半期に7億7600万ドル(約860億円)相当のポジション全てを売却した。

  ラリー・ロビンズ氏のグレンビュー・キャピタル・マネジメントもアップル株を手放したほか、昨年テクノロジー株投資が奏功して大幅なプラスリターンを記録したフィリップ・ラフォント氏のコーチュー・マネジメントもアップル株の持ち高を半分未満に減らした。アップル株の騰落率は1-3月はほぼ変わらずだったが、その後の株価回復で現在は年初来約10%高。

  FAANG銘柄でヘッジファンドからの関心が薄れたのはアップルだけではない。シタデルとルネサンス・テクノロジーズはアルファベット株の持ち高を減らした。コーチューはアルファベット株を全て売却し、ネットフリックスへのエクスポージャーも圧縮。英国に本拠を置くランズダウン・パートナーズ、ローン・パイン・キャピタル、バイキング・グローバル・インベスターズはアマゾン株のポジションを縮小した。
       

原題:Appaloosa, Coatue and Citadel Led Fund Exodus From FAANGs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE