北朝鮮が南北閣僚級会談を中止、米韓合同訓練を「軍事挑発」と非難

更新日時
  • 北朝鮮は韓国に対し、16日の閣僚級会談を「無期延期」すると伝えた
  • 米国務省報道官:米朝首脳会談の計画策定は続く

金正恩委員長

Photographer: STR/AFP
Photographer: STR/AFP

北朝鮮は16日、同日予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると発表し、6月12日の米朝首脳会談の運命について熟考するよう米国に警告した。米朝首脳会談での飛躍的な成果に対する期待は後退した。

  韓国統一省によれば、北朝鮮は韓国当局に対し、16日の閣僚級会談を「無期延期」すると伝えた。定例の米韓空軍の合同訓練「マックスサンダー」を理由に挙げた。この日の閣僚級会談では、先月の南北首脳会談で調印された「板門店宣言」の実施について協議する予定だった。

  北朝鮮は16日、国営メディアの朝鮮中央通信(KCNA)を通じて、「米国は韓国と組んで北朝鮮への挑発的な軍事脅迫を行う前に現在の優先課題である米朝首脳会談の運命について熟考する必要があろう。われわれは米国と韓国当局の次の行動を注視する」と表明した。

  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、米朝首脳会談で核兵器プログラムについて話し合うことに同意して以降、楽観論が広がっていたが、北朝鮮の動きはこうしたムードに水を差す格好となった。「最大限の圧力」を維持するトランプ政権の姿勢に北朝鮮は過去数週間にわたり繰り返し不満を示していた。

  パシフィック・フォーラム戦略国際問題研究所(CSIS)のラルフ・コッサ所長は「これは北朝鮮によるいつもの行動だ。北朝鮮は自分たちが主導権を握っており、米韓がどれほど熱心か確かめるために両国を試していることを思い起こさせたいのだ」と分析したが、今回の動きが致命的な問題になるとはみていない。

  ホワイトハウスのサンダース大統領報道官は、米当局者らは北朝鮮の発表を「承知」しており、「米国は北朝鮮の発表を独自に検証し、同盟国と引き続き密接に協力する」と述べた。

  北朝鮮のKCNAはF22ステルス戦闘機と、核兵器搭載可能なB52戦略爆撃機に特に言及し、米国の脅迫的な行動の証拠だと指摘した。韓国の聯合ニュースは、米国はマックスサンダーにB52を参加させないと報じた。

  米国防総省報道官のロブ・マニング大佐は発表資料で、マックスサンダーは「軍の即応能力の基盤」維持を目的とする定例の訓練だと説明。その防衛上の性質は「何十年もはっきりしており、変わっていない」と述べた。

  米国務省のナウアート報道官は、米朝首脳会談の準備は続いており、米国は会談の潜在的な障害に関する通知を受けていないと説明した。

原題:North Korea Threatens to Scrap Trump Summit Over Military Drills(抜粋)

(米国防総省報道官や識者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE