ホーム・デポ:2-4月売上高は予想下回る、米住宅市場の減速を示唆

  • 春の寒冷な天候が響いたと説明も、通期見通しは維持
  • 利益は16四半期連続でアナリスト予想を上回る

住宅用品小売りで世界最大手、米ホーム・デポの2-4月(第1四半期)決算は低調な結果となり、米住宅市場が軟化しつつあることが新たに示唆された。同社最大の稼ぎ時である初春に寒冷な天候が続いたことが響いたと説明した。

  2-4月決算では、売上高と既存店売上高がアナリスト予想を下回った。一方、利益は16四半期連続で市場予想を上回った。

  ホーム・デポは通期見通しについて、売上高は約1075億ドル(約12兆円)、利益は1株当たり9.31ドルになるとの従来予想を維持。住宅市場の健全性に関する見通しは根本的に何も変わっていないとの自信を示した。

  2-4月の売上高は249億ドルに増加。アナリスト予想平均の252億ドルに届かなかった。1株当たり利益は2.08ドル。市場予想は2.05ドルだった。

Rare Miss

Home Depot's revenue missed the consensus estimate for only the third time in five years

Source: Bloomberg

Comparable adjusted revenue is the reported value with extraordinary items factored out to make it similar to analysts' estimates

原題:Home Depot’s Sales Miss Suggests Cooling U.S. Housing Market (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE