独コメルツ銀:1-3月減収、法人向け不調-純利益は予想上回る

  • 総収入は前年同期比3.7%減の23億ユーロ
  • 法人向け事業の収入は12%減-リテール部門の収入は5.9%増えた

ドイツのコメルツ銀行の1-3月(第1四半期)決算は、法人向け事業の収入が少なくとも5四半期連続で減少し、同行全体でも減収となった。純利益は税効果でアナリスト予想を上回った。

  15日の発表によると、総収入は前年同期比3.7%減の23億ユーロ(約3000億円)。純利益は2億5000万ユーロと、ブルームバーグがまとめたアナリスト6人の予想(1億7800万ユーロ)を上回った。税負担の低下が寄与した。

  法人向け事業の収入は12%減の9億6600万ユーロ。顧客約1000人純増にもかかわらず減収となった。リテール(小口金融)部門の収入は12億ユーロと前年同期から5.9%増えた。

原題:Commerzbank’s Business With Companies Shrinks for Fifth Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE