マハティール氏、当初予定より長く首相職にとどまる可能性示す

マレーシアのマハティール首相は15日、首相職に1、2年間とどまる可能性があることを明らかにした。以前は、アンワル元首相が釈放された後に首相職を退くことに同意していた。

マレーシアのマハティール首相

フォトグラファー:Muhammad Shahrizal / NurPhoto via Getty Images

  マハティール氏(92)は、都内で開催されたウォールストリート・ジャーナル(WSJ)主催の「CEOカウンシル」にビデオコンファレンスを通じて参加。かつての政敵であるアンワル氏は当面、1議員の立場にとどまる可能性があると指摘した。

  マハティール首相はさらに、ナジブ前首相に対する法的措置を近く講じる可能性を明らかにした。首相はナジブ氏の出国を禁じる措置を取っており、政府系ファンド「1MDB」に関する汚職捜査の再開を公約している。

原題:Mahathir to Extend Time as Malaysia PM, Bring Case Against Najib(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE