ゴールドマンの「商品の女王」退社、一つの時代の終わりを象徴

  • エアレ氏は商品バンカー世代の最後の1人だった
  • ゴールドマン商品事業の昨年の業績はIPO以降で最悪
Goldman Sachs Group Inc. signage is displayed on the floor of the New York Stock Exchange in New York, U.S. Photographer: Jin Lee
Photographer: Jin Lee

米ゴールドマン・サックス・グループを退社する証券部門の共同責任者、イザベル・エアレ氏は、ウォール街で商品事業が多くの利益を生み出していた黄金時代にライバルと覇権を争ったバンカー世代の最後の1人だった。

  ゴールドマンは14日、フランス出身のエアレ氏(55)が、広範囲にわたる再編の一環で6月に退社する見通しだと発表した。

  エアレ氏は長年にわたりウォール街の「商品の女王」として、ゴールドマンで年間30億ドル(約3300億円)余りの純収入を稼ぎ出す商品部門を率いた。2012年に証券部門の共同責任者に昇進して以降は日常的に商品事業を統括してはいなかったが、引き続き商品部門と密接に関わっていた。商品部門は昨年、ゴールドマンが約20年前に新規株式公開(IPO)を実施して以降で最悪の業績を示した。

  エアレ氏は、1990年代終盤から2000年代初めにかけて頭角を現し、ウォール街とロンドンのシティーで強力な天然資源事業を築き上げたバンカーグループの1人だった。バンカーらは、トレーディング中はライバルだが終業後には打ち解け、切磋琢磨(せっさたくま)した。この中には、米モルガン・スタンレーの商品事業の元共同責任者、コーリン・ブライス氏や、商品セクターで英バークレイズの地位を確立したベノワ・デビトリ氏、JPモルガン・チェースのダニー・マスターズ氏がいた。

  エアレ氏は、30人で構成するゴールドマンの経営委員会で女性4人のうちの1人。14日に同氏の留守番電話にコメントを求めるメッセージを残したが回答は得られていない。

原題:Goldman Loses ‘Queen of Commodities’ Marking End of an Era (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE