キー・スクエアのベッセント氏、ソロス氏に資金の多くを返還-関係者

  • ベッセント氏は16年にキー・スクエア・グループを始める
  • ソロス・ファンドは11年にファミリ-オフィスに転換

ソロス・ファンド・マネジメントで最高投資責任者(CIO)を務めたスコット・ベッセント氏は、ジョージ・ソロス氏の資金20億ドル(約2200億円)でヘッジファンドを始めた極めてまれなファンドマネジャーだが、ベッセント氏はソロス氏との事前取り決めに基づき資金を返還している。

  ベッセント氏が2016年にスタートしたキー・スクエア・グループがソロス氏以外の投資家から資金を集める中で、ベッセント氏はソロス氏に資金を返している。ソロス氏のファミリーオフィスに詳しい関係者が匿名を条件に述べた。ソロス・ファンドは11年にファミリ-オフィスに転換した。

  今年3月の当局への届け出によれば、キー・スクエアの運用勘定におけるソロス氏の資金は17年末時点で8億5300万ドル。ベッセント氏は資産約51億ドル相当を集めているとも届け出ている。

  ソロス氏のスポークスマンとキー・スクエアの広報担当者はコメントを控えた。

原題:George Soros Gets Most of His $2 Billion Back From Bessent (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE