MSCI、指数採用の中国A株の最終リストを公表

  • 中国工商銀行のA株や中国建設銀行など人民元建てA株234銘柄採用
  • パッシブ運用のファンドから約170億ドル流入へ-MCSI
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

MSCIは14日、指標株価指数に来月組み入れる中国人民元建てA株234銘柄のリストを公表した。

  発表資料によると、新規採用銘柄は中国工商銀行のA株や中国建設銀行のA株などを含む。世界2番目の規模を持つ中国株式市場にパッシブ運用のファンドから約170億ドル(約1兆8600億円)が流入するとMSCIは以前に試算している。

  アリババ・グループ・ホールディングやテンセント・ホールディングスなどニューヨークと香港に上場する中国株はMSCIの世界指数に以前から組み込まれていたが、外国の年金基金や寄付基金、上場投資信託(ETF)は今回新規採用される人民元建てA株を初めて購入する必要に迫られる。ただ、MSCI新興市場指数に占める新規採用銘柄のウエートは0.39%にとどまるため当初のインパクトは経度とみられる。

原題:MSCI Unveils Final List of China Stocks to Be Added to Indexes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE