Photographer: Diego Giudice

アルゼンチン・ペソが過去最安値-中央銀行が通貨防衛策を転換

  • 中央銀行は1ドル=25ペソの相場を容認-関係者
  • IMFは為替レート目標を設定することはないと表明
Photographer: Diego Giudice

14日の外為市場でアルゼンチン・ペソが過去最安値に下落。中央銀行が通貨防衛戦略を転換する一方、国際通貨基金(IMF)はスタンドバイ取り決め(SBA)のために為替レート目標を設定することはないと表明した。

  ブエノスアイレス市場でペソは6.9%安の1ドル=24.99ペソで終了。今年に入ってからの下落率は26%と、新興市場で最悪となっている。中銀は午前10時の取引開始時に1ドル=25ペソで50億ドル(約5500億円)を供給した。

  中銀はトレーダーに対しペソ下落はあり得るが下げは限定的とのシグナルを送っていると、事情を直接知る関係者が匿名で語った。これは4月から講じてきた戦略からの転換を意味する。従来中銀は外貨準備高の10%超をペソ安阻止に充ててきた。

原題:Argentine Peso Tumbles as Central Bank Changes Strategy (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE