トランプ大統領が疑念表明-ZTEと通商協議切り離す商務長官方針に

更新日時
  • ロス商務長官:通商協議と別個にZTEへの代替措置を検討
  • 商務長官発言から数時間後、トランプ大統領はツイートで疑念示す

ロス米商務長官は14日、米国が中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)への現在の制裁措置に代わる策を米中通商協議とは別個に検討していると述べた。しかし、そのわずか数時間後、トランプ大統領はこの並行戦略に疑念を表明した。

  ロス商務長官はワシントンのナショナル・プレス・クラブで記者団に対し、「ZTEは幾つかの不適切なことを行い、それを認めた。われわれが当初提示した措置に代わる選択肢があるかどうかという問題であり、その点を極めて速やかに検討する」と語った。

  ロス長官はまた、今週再開される米中通商協議でZTEの問題が議題に上っても驚かないとしながらも、「それが貿易とは切り離された法執行であるというのがわれわれの立場だ」と主張した。

  その後、トランプ大統領はツイッターへの投稿で、ZTEの米サプライヤーからの調達と、大統領が目指す中国とのより幅広い通商協定との関係性を指摘。「ZTEは部品の大きな割合を米企業から調達している」とし、「これにはまた、われわれが中国と交渉中のより大規模な通商協定と、私の習近平国家主席との個人的関係も反映されている」と述べた。

原題:Trump Muddies ZTE Role in China Talks as Ross Reviews Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE