パレスチナ人50人以上が死亡、イスラエル軍と衝突-米大使館移転

更新日時
  • ガザ地区に数万人規模のデモ参加者-軍が実弾発射し1200人超が負傷
  • トランプ氏はエルサレムへの移転という自身の判断の正当性主張

在イスラエル米大使館のエルサレム移転に伴う開設式典が行われた14日、パレスチナのガザ地区には数万人規模のデモ参加者が集まり、イスラエル軍との衝突でパレスチナ人55人が死亡した。

ガザ地区付近でパレスチナ人にイスラエル軍が実弾発射、搬送される負傷者(14日)

撮影:Mahmud Hams / AFP via Getty Images

  ガザの保健当局によると、イスラエル軍は実弾を発射し、負傷者は1200人を超える。イスラム組織ハマスとイスラエルが前回2014年に戦闘状態となって以降、ガザ地区で最も多くの死傷者が出た日となった。

  米大使館の開設式でイスラエルのネタニヤフ首相は自国の軍を擁護し、ガザとの境界を防衛しているとして兵士らを賞賛した。

  トランプ米大統領は式典に寄せたビデオ演説で、テルアビブからエルサレムへの大使館移転を決めた自身の判断の正当性を主張。「イスラエルは主権国家であり、他の全ての主権国家と同様に自らの首都を決める権利を有する」とコメントした。

原題:Dozens Killed as Gaza Erupts Over Jerusalem Embassy Move (5)(抜粋)

(式典に寄せたトランプ大統領のビデオ演説などを追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE