欧州エアバス:ウィルヘルムCFOが2019年に退職-経営陣刷新続く

欧州の航空機メーカー、エアバスは、ハラルド・ウィルヘルム最高財務責任者(CFO)が取締役会の合意に基づき2019年4月に退職することを明らかにした。同社ではトム・エンダース最高経営責任者(CEO)が昨年12月に来年4月の退職を既に発表しており、販売不振が続く超大型ジェット機A380や汚職疑惑への対応に追われる中で、経営陣がさらに入れ替わることになる。

  エアバスは、エンダースCEOの後任探しに着手している。同社では、ファブリス・ブレジエ最高執行責任者(COO)や戦略責任者のマルワン・ラフード氏などが既に退職した。

原題:Airbus CFO Wilhelm to Leave in 2019 Along With CEO Enders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE