ECB利上げ、QE終了から数四半期後と見込む-仏中銀総裁

更新日時
  • 『相当期間』は少なくとも数四半期という意味、数年ではない
  • QEの終わり近い、9月であるか12月であるかは重大な問題ではない

欧州中央銀行(ECB)の利上げ開始は量的緩和(QE)終了から「数四半期後となるだろうが、数年後にはならない」と、政策委員会メンバーのビルロワドガロー・フランス中銀総裁が14日述べた。

  同総裁はパリで、ユーロ圏経済の1-3月(第1四半期)の減速について、一時的なものとの見方を示し懸念を否定した。依然としてECBがQEを年内に終了させる公算が大きいことを示唆した。インフレ率は今後数カ月以内に上昇を再開するだろうとし、エネルギー価格は変動するが基調的物価圧力は強まるとの見通しを示した。

  ビルロワドガロー総裁は「初回利上げの時期についてガイダンスを付け加えれば、『相当期間』というのは少なくとも数四半期という意味で、数年ではない。またインフレ見通しに左右される」と述べた。「債券購入の終わりは近づいている。先にも述べたように、9月であるか12月であるかは重大な問題ではない」と付け加えた。

  ECBチーフエコノミストのプラート理事は同日の講演で先週の講演内容を繰り返し、「景気拡大の減速が継続的な需要軟化を反映していることを示す証拠はこれまでのところない」と述べた。データを注視するとし、「潤沢な金融緩和」がなお必要だと付け加えた。

  フィンランド中銀の次期総裁に指名されているレーン副総裁はやや悲観的で、「現時点で中期的景気見通しへのリスクは下向きに傾いていると思われる」と述べた。

  また、クーレ理事はジュネーブで語り、過剰流動性が将来の利上げの効果を弱める可能性に言及した。

原題:ECB’s Villeroy Sees Rate Hike ‘Quarters’ Not Years After QE End(抜粋)
ECB’s Villeroy Expects Rate Hike ‘Some Quarters’ After QE Ends
Villeroy Expects ECB Rate Hike ‘Some Quarters’ After QE Ends (1)

(最終3段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE