メルカリが東証マザーズに上場へ、時価総額最大3600億円規模に

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi
Photographer: Tomohiro Ohsumi

フリーマーケットアプリを展開するメルカリが東京証券取引所のマザーズ市場に6月19日付で株式を上場する。想定仮条件は1株当たり2200円から2700円で、11日に発行価格を決定する。幹事は大和証券などが務める。東証などが14日発表した。

  上場時の発行済み株式総数は約1億3533万株。6月1日に仮条件を決定する予定。想定仮条件上限の2700円で試算すると、時価総額は最大3654億円となる。調達資金はユーザー数拡大に向けた広告宣伝費や借入金の返済などに充てる。

  2017年6月期の連結売上高は前の期比80%増の221億円、営業損益は27億7500万円の赤字。17年7月-18年3月期(9カ月累計)は、売上高が前年同期比72%増の261億円、18億9600万円の営業損失だった。

  資料によると、同社設立は2013年2月1日。累計ダウンロード数は日本・米国で1億を突破、日本での流通総額(四半期)は938億円に達した。1カ月に一度以上、同社アプリを利用したユーザー数は1030万人。

(詳細を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE