Photographer: Susana Gonzalez

メキシコ中銀でサイバー攻撃か、複数の銀行から大規模な資金引き出し

  • メキシコの銀行5行で「無断の送金」-メキシコ中銀
  • 検察当局、決済システムへのサイバー攻撃の可能性を捜査
Photographer: Susana Gonzalez

メキシコの中央銀行は、一部の金融機関にハッカーが不正侵入し無断送金した可能性があり、複数の同国の銀行がここ数週間に大規模な資金引き出しに見舞われていることを明らかにした。

  メキシコ中銀の事業責任者ロレンツァ・マルティネス氏はブルームバーグとのインタビューで、同中銀の電子決済システムへの外部接続が不正アクセスされた金融機関5社に中銀は焦点を絞っているとコメント。脆弱(ぜいじゃく)性を背景にこれらの金融機関の「偽の口座」から不正に資金が吸い上げられ他の銀行からの複数の大規模な資金引き出しにつながったと説明した。

  マルティネス氏によると、5つの銀行と証券会社は組織犯罪集団がサイバー攻撃を画策したかどうかを究明するためメキシコの検察当局と協力しているが、中銀はこの捜査に関与していない。同氏は対象の金融機関名には言及せず、事件の背後に何人いるのか判断するのは時期尚早だとした。検察当局の報道官に取材を試みたが業務時間外で返答は得られていない。

原題:Mexico Says Possible Bank Hack Led to Large Cash Withdrawals (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE