巨額の海外現金はどこへ-アップルやグーグル、オラクルなど公表停止

Apple logo

Photographer: Peter Foley/Bloomberg

アップルの1-3月(第1四半期)決算報告から、重要な数字が消えた。ネットフリックスマイクロソフト、グーグルのアルファベットオラクルの決算報告にも見当たらない。

  それは、海外に保有する現金の額だ。

  この記載の削除は規則には全く違反しない。税の専門家は完全に筋が通っていると指摘する。ただトランプ政権が昨年成立させた税制改革が、米国内の企業投資を促しているのか、計測することは難しくなる。

  昨年9月末時点で海外に保有する現金が2520億ドル(約27兆5500億円)に上っていたアップルは、米国に資金を還流させる計画だとしていたが、それを最後に額を公表していない。マイクロソフトは昨年末で公表をやめ、グーグルとオラクル、ネットフリックスは今年に入って公表を停止した。

  アップルとオラクルはコメントを控えた。グーグル、ネットフリックス、マイクロソフトは今のところコメントの要請に応じていない。

Where'd It Go?

Four companies held more than $500 billion total overseas as of last report

Source: Company filings; Bloomberg

原題:Apple Leaves Overseas Cash Out of Its Latest Quarterly Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE