ノバルティス:サンド部門の米資産売却、復星医薬が最終候補-関係者

  • アポロやCVC、印オーロビンドも最終的な買収案提示へ
  • 売却額は最大2200億円に上る可能性-数週間以内に買い手判明も

スイスの製薬会社ノバルティスが目指している米皮膚薬事業を含む資産ポートフォリオの売却で、中国の上海復星医薬集団が買収候補の一角として最終選考に残った。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。売却額は最大20億ドル(約2200億円)に上る可能性があるという。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、アポロ・グローバル・マネジメントとCVCキャピタル・パートナーズ、インドの製薬会社オーロビンド・ファーマも最終的な買収案を提示することを認められた。ノバルティスのサンド部門が保有する資産の買い手は今後数週間以内に判明する可能性があるという。

  関係者によれば、ノバルティスは少なくとも今年初めから口腔(こうくう)トリートメント事業も含む米ジェネリック(後発医薬品)資産の売却を検討していた。

  復星医薬とアポロ、ノバルティスの担当者はいずれもコメントを控えた。オーロビンドとCVCの担当者にもコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:Fosun Pharma Is Said to Vie for $2 Billion Novartis Portfolio(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE