米銀JPモルガンも申請-中国証券合弁の出資比率51%に引き上げ

  • 証監会が10日に発表-UBSと野村に続く動き
  • モルガン・スタンレーとゴールドマンも同様の意向を示唆

米銀JPモルガン・チェースは中国証券合弁の出資比率を51%に引き上げる申請を行った。UBSグループや野村ホールディグスに続く動きで、中国本土で進む金融市場開放の機を捉える。

  中国証券監督管理委員会(証監会)の高莉報道官は10日遅くの発表で、JPモルガン・ブロ-カリング(香港)による申請を明らかにした。証監会は法と規制に基づき申請を「効率的」に審査するという。

ダイモンCEO

写真家:Giulia Marchi / Bloomberg

  JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は今週の訪中で、米中間の貿易を巡る緊張が同行の中国事業拡大計画を妨げないことを望むと述べていた。

  UBSは2日に、野村も今週に入り同様の申請していた。事情に詳しい関係者によれば、中国の証券当局が両社に早期申請を促したという。

(出所:Bloomberg)

  モルガン・スタンレーとゴールドマン・サックス・グループも中国合弁経営の主導権を得たい考えを示唆している。

原題:JPMorgan Applies for China Venture Control After Dimon Visit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE