中国株空売りのハードル低下か-MSCI指数への本土株組み入れで

  • 中国A株が来月組み入れ、貸借可能な銘柄プール拡大への一歩
  • 現在は貸株の確保がヘッジや空売りする投資家にとって厄介な問題

中国本土上場の人民元建て株式(A株)がMSCIの主要指数に組み入れられることで、中国市場での空売りが若干やりやすくなる可能性がある。

  中国A株が来月、MSCI新興市場指数に組み入れられる。これは貸借可能な銘柄プールの拡大に向けた一つのステップになるだろう。中国では実質的に貸株は存在していない。

  このため人民元建て株式をヘッジまたは空売りしたい海外投資家は現在、厄介な障害に直面している。投資家は中国本土の証券取引所と香港証券取引所をつなぐ株式接続を利用することができるが、このシステムを活用して株式を貸し借りできるのは香港証取の特定会員に限られている。多くの機関投資家が決済で利用するカストディアン(証券の保管・管理)銀行は通常この会員リストには載っていない。空売り注文は全て公にすることが求められ、どの銘柄も日中値幅が1%に制限される。

  その結果がこれだ。香港証取のデータによると、過去1カ月は株式接続を介して海外投資家が空売りした上海および深圳市場の銘柄は全くなかった。

  香港に本拠を置くヘッジファンド、オアシス・マネジマントのセス・フィッシャー最高投資責任者(CIO)は、「中国での空売りで最大の問題点は貸株の入手可能性だ」と述べた上で、「MSCIへの組み入れによって入手可能性が向上する公算が大きい」と語った。

ブルームバーグのフォルタイコスタ記者、中国株の空売りに関して報告

(出所:Bloomberg)

原題:MSCI Inclusion May Lower Barriers to Shorting Chinese Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE