シャイアー買収の武田薬、社債保証コストが世界の同業を大きく上回る

Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

医薬品メーカーのシャイアー買収に合意した武田薬品工業の社債保証コスト(CDS)が、世界の医薬品大手の水準を大きく上回っている。CMAによると、5年物CDSは10日時点で72.8bpで、2位のバイエルの1.8倍。今回の買収額は日本企業による案件としては過去最大であり、買収資金の調達額が約3兆3600億円に及び、格付け3社は武田薬を格下げ方向で見直している。SMBC日興証券の橋本宗治クレジットアナリストは、「武田のCDSは現状の格付けに比べてワイド」とし、格下げ可能性を織り込み始めているとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE