Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米政府、AI開発に可能な限り最大限の自由度-グーグルやゴールドマンに

  • ワシントンで開かれたAI関連企業の会合で大統領副補佐官が発言
  • AI開発に対して可能な限り最大限の自由度を与える

ホワイトハウスは10日、ワシントンで開かれた人工知能(AI)関連企業40社超の会合で、AI開発への規制を控える方針を発表した。

  マイケル・クラチオス大統領副補佐官(科学・技術政策担当)はアルファベット傘下のグーグル、フェイスブック、ゴールドマン・サックス・グループ、ボーイングなどの担当者に対し、AI開発に可能な限り最大限の自由度を与えると表明した。ブルームバーグが同副補佐官のスピーチ草稿の写しを入手した。

原題:White House Assures Google, Goldman AI Won’t Get Heavy Hand (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE