イタリアのポピュリスト政党、政権樹立へ前進-14日まで猶予求める

  • 五つ星と同盟が首相人選など協議、「大きな前進」と初の共同声明
  • 「30年も解決待ちの問題、話し合いを始める必要性で一致した」

イタリアのポピュリスト2政党の指導者は10日にローマで、首相の人選を含めた陣容などを話し合い、新政権樹立へと歩を進めた。

ディマイオ氏とサルビーニ氏

写真家:Giulio Napolitano / Alessia Pierdomenico / Bloomberg

  反エスタブリッシュメント(既成勢力)を掲げる「五つ星運動」のディマイオ党首と、反移民をうたう「同盟」のサルビーニ書記長は初の共同声明で、「主要ポストや首班について大きな前進があった」と発表した。両党は連立の計画を取りまとめる時間として、14日までの猶予をマッタレッラ大統領に求めた。

  ディマイオ党首はフェイスブックに、「午前にサルビーニ氏と会った。イタリア国民が30年間も解決を待っていた問題について、話し合いを始めなければならないことで一致した」とコメントした動画を掲載した。

原題:Italy’s Populists See Significant Step Toward New Government (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE