トランプ米大統領:北朝鮮から解放された米国民3人を出迎え

  • 米朝首脳会談に向けた障害の一つが取り除かれた
  • 「何か非常に有意義なことを行う大きな好機に臨んでいる」と発言

トランプ米大統領は10日未明、前日に北朝鮮から解放された米国人3人をワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に出迎えた。歴史的な米朝首脳会談を前に、同大統領の勝利の瞬間となった。

  3人の男性は北朝鮮を訪れたポンペオ米国務長官に身柄を引き渡された後、ワシントンに向かって出発した。トランプ大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が人質解放に同意することを期待し、ポンペオ長官を派遣した。大統領は米東部時間午前3時(日本時間午後4時)前にメラニア夫人とともに、3人を乗せて同空軍基地に着陸した航空機に乗り込んだ。

  拘束されていた人々を米国側は「人質」と呼び解放を求めてきた。その実現によって米朝首脳会談への障害が一つ取り除かれた。トランプ大統領は9日、首脳会談の日程と場所を数日内に発表すると言明。米当局者はその後に、大統領が開催地をシンガポールとすることに傾いていると明らかにした。

  解放に応じた金委員長に謝意を示したトランプ大統領は、同空軍基地で記者団に対し、「極めて偉大な3人の方々にとって特別な夜であり、帰国に際し祝意を申し上げる」と発言。その上で、「何か非常に有意義なことを行う大きな好機に臨んでいる」と述べるとともに、金委員長について「彼は何かを行って、北朝鮮を現実世界に参加させたい考えなのだろう」と語った。

解放された3人に拍手を送るトランプ大統領

フォトグラファー:Saul Loeb / AFP via Getty Images

原題:Trump Meets Americans Released From North Korea Ahead of Summit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE