英BT、1万3000人削減へ-年金積立不足で21億ポンド穴埋め

  • バックオフィスや中間管理職を削減-顧客サービスなどで6000人採用
  • 年金積み立てが不足、今後3年で追加穴埋め-株価下落

通信会社の英BTグループは10日、113億ポンド(約1兆6800億円)に上る年金の積立不足に伴い、今後3年で21億ポンドを追加穴埋めすると発表した。全従業員の約12%に当たる1万3000人の削減にも踏み切る。BTの株価は一時9%超下落、その後も安値圏で推移している。

  英最大の確定給付型年金であるBTの年金制度の実態把握は同社株の大きな重しとなっていた。米銀モルガン・スタンレーによると、BTの積立不足を巡るアナリスト予想は100億-120億ポンドとなっていたため、これにほぼ一致した。

  BTの発表によると、バックオフィスや中間管理職などで1万3000人を削減。8億ポンドの費用が発生する見込み。一方でネットワーク整備や顧客サービスで6000人を採用する計画だ。

原題:BT Group Reports Pension Gap, 13,000 Job Cuts in Strategy Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE