伊ウニクレディト:1-3月利益は予想上回る-営業費用減少が寄与

イタリアの銀行ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は、同行を欧州全土に展開する大手銀行に成長させるとの約束を守るため、コスト削減や資産の質の改善を進めている。

  ウニクレディトの10日の発表によると、1-3月(第1四半期)決算は増益となり、営業費用の5.2%減少が寄与した。純利益は11億1000万ユーロ(約1450億円)と、前年同期の9億700万ユーロから増加し、ブルームバーグが調査したアナリスト8人の予想平均(7億9600万ユーロ)を上回った。中東欧部門が好調で、同四半期の純利益は33%増の4億1500万ユーロ。

原題:UniCredit Pushes on Costs, Asset Quality to Affirm Leadership(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE