柳瀬元首相秘書官:加計側と3回面会、「首相案件」発言は否定

更新日時
  • 安倍首相と加計理事長の友人関係は認識も「指示受けたことない」
  • 愛媛県や今治市職員の同席、「今でも分からない」

安倍晋三首相

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

柳瀬唯夫元首相秘書官は10日、衆参両院の予算委員会で、獣医学部新設問題に関連して加計学園関係者と2015年に3回にわたって首相官邸で会ったことを明らかにした。愛媛県職員が4月の面会記録として作成した文書にある「首相案件」と発言したことは否定した。

  柳瀬氏は、安倍晋三首相と同学園の加計孝太郎理事長の友人関係については「認識していた」としながらも、自らの学園側との接触について「報告したり、指示を受けたことはない」と説明した。官邸での面会は同年2月から3月ごろ、4月ごろ、6月ごろの3回とした。

  愛媛県の文書では、柳瀬氏は15年4月2日に同県や今治市職員、加計学園事務局長らと首相官邸で面会した。朝日新聞が今年4月10日付の朝刊で文書の存在を報じたが、柳瀬氏は同日、「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」とのコメントを発表した。

  ただ、愛媛県や農水省が文書の存在を認めたことなどから、野党側が柳瀬氏の証人喚問を要求。与党が拒否したことから、立憲民主党などが2週間以上にわたって国会審議を拒否する理由の一つとなった。 

  柳瀬氏は予算委で、加計学園関係者との面会で獣医学部新設の解禁は「総理が早急に検討していくと述べている案件である」などと説明はしたものの、自分が「今治市の個別プロジェクトが首相案件になるという旨を申し上げるとは思えない」と語った。その上で、愛媛県の文書は「私が伝えたかった趣旨とは違う形で伝わっているのかなという気はする」と指摘した。

  面会の同席者に関しては「今でも愛媛県や今治市の職員がいたかどうかは分からないが、随行者の中にいたかもしれない」と答弁。これまで認めなかったことについては「定かな記憶がないのに必ず会ったとか、絶対に会っていないとか言うのはいずれの場合もうそになる可能性があった」と釈明した。

  与党は同日午前の衆院予算委で、国家戦略特区諮問会議の有識者議員を務める八田達夫大阪大名誉教授への質疑も実施。八田氏は獣医学部新設で安倍首相や秘書官から働き掛けを受けたことはないと答弁した。

  菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で、柳瀬氏の国会での発言内容について「政府としてコメントは控えたい」とした上で、質問には「一つ一つ丁寧に答えられていた」と述べた。

(第1、2段落を更新し、最終段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE