シンクレア、フォックスにTV局売却へ-トリビューン買収承認目指す

  • 売却予定のテレビ局7局、先月に売却対象として特定した23局の一部
  • 司法省がTV局買い手の審査を「終えつつある」-シンクレアCEO

米テレビ放送会社シンクレア・ブロードキャスト・グループは、テレビ局7局をフォックス・ブロードキャスティングに売却する方針を明らかにした。同社は米トリビューン・メディアとの合併計画について当局の承認獲得を目指している。

  7局は、シンクレアが先月に売却対象として特定した23局の一部。同社は2017年5月にトリビューンを39億ドル(現在のレートで約4300億円)で買収する計画を発表したが、実現には米連邦通信委員会(FCC)と司法省の反トラスト法(独占禁止法)当局の承認が必要となる。

  シンクレアのクリス・リプリー最高経営責任者(CEO)は投資家に対し、司法省がテレビ局の買い手の審査を「終えつつある」ため、同社は「間もなく」FCCの承認プロセスに移りたい考えだと述べた。

原題:Sinclair Selling Stations to Fox in Bid to Get Tribune Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE