ポンペオ米国務長官:米朝首脳会談の場所と日程、来週初めの発表望む

  • 首脳会談は2日間かけて行われる可能性も-ポンペオ氏
  • ポンペオ氏は平壌で金正恩労働党委員長らと会談

北朝鮮を訪れたポンペオ米国務長官は、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談は1日以上かけて行われる可能性があり、日付と開催地は来週初めに発表できることを望んでいると述べた。同長官は今回の訪朝について、実り多い会合が持てたとの認識を示した。

  ポンペオ長官は平壌で金委員長はじめ北朝鮮最高幹部らと会談し、首脳会談の下準備をした。帰国する機内で記者団に対し、「首脳会談は1日を計画しているが、議論すべきことが多いとなれば、2日目に入る可能性もあるだろう」と発言。「日付、場所は確定した。ただ、そのいずれもまだ発表する用意があまりできていない」と述べた。

  長官とともに訪朝した米当局者は、首脳会談に向けて「大きく進展した」とし、両国が詳細を詰めるための再度の直接対談を計画していると明らかにした。

原題:Trump Says Three Detainees in North Korea Returning to U.S. (2)(抜粋)
*POMPEO: PRODUCTIVE MEETINGS WITH NKOREAN LDR, ‘MADE PROGRESS’
Trump-Kim Summit May Extend Beyond One Day, Pompeo Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE