コンテンツにスキップする
Photographer: DHIRAJ SINGH/Bloomberg
deals

ウォルマート、印電子商取引フリップカート77%取得へ

  • ウォルマートは過去最大の買収案件、インド市場に強力な足場
  • 両社合意はソフトバンク孫社長が発表前に言及
Abdul Saleem, a deliveryman known as a Wishmaster for Flipkart Online Services Pvt's Ekart Logistics service, center, sorts packages at the company's office in the Jayaprakash Narayan Nagar area of Bengaluru, India, on Wednesday, Oct. 26, 2016. Flipkart, India's largest and most valuable e-commerce company, is against domestic rival Snapdeal.com and U.S. leviathan Amazon.com Inc., all tussling for dominance in a market that Morgan Stanley expects to explode more than ten-fold to $137 billion by 2020 from $11 billion in 2013.
Photographer: DHIRAJ SINGH/Bloomberg

ウォルマートはインド最大の電子商取引会社フリップカート・グループの経営権取得で合意した。電子商取引での覇権を競うアマゾン・ドット・コムには打撃となる。

  小売り世界最大手のウォルマートはフリップカートの株式77%を160億ドル(約1兆7500億円)で取得する。両社が9日発表した。残り株式はフリップカートの創業者ビニー・バンサル氏ら既存株主が保持する。

  ウォルマートにとっては過去最大の買収案件で、成長が期待できるインドの電子商取引市場に強力な足場を得る。アマゾンはインドで顧客獲得に向けて巨額の投資をしている。

  両社の合意については、フリップカートに出資しているソフトバンクグループの孫正義社長がソフトバンクの決算発表時に言及していた。

原題:Walmart to Buy 77 Percent of India’s Flipkart for $16 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE