トルコ大統領、経済当局者らと通貨を協議-リラ反発、株と債券も上昇

更新日時
  • リラは過去最安値から反発、一時1.8%高
  • チェティンカヤ中銀総裁や資本市場の監督当局者らが出席

トルコのエルドアン大統領は9日、経済当局者らと通貨リラについて協議した。リラは朝方の過去最安値から反発した。

  会合にはチェティンカヤ中銀総裁や資本市場の監督当局者らが出席。政府が通貨防衛措置を打ち出すとの期待が高まった。

  朝方に過去最安値を更新していたリラは、一時前日比1.8%高となった。トルコ株と国債相場も急伸し、この3週間で最大の上昇となった。

  イスタンブール時間午後5時25分現在、リラは1.8%高の1ドル=4.2563リラ。10年物国債利回りは31ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下、イスタンブール100種株価指数は1.7%高。

原題:Erdogan Said to Summon Turkey Officials, Driving Lira Rebound(抜粋)
Erdogan Meets Turkey Economy Officials, Driving Markets Rebound

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE