「やばい」-孫氏、未発表の米ウォルマートへの印企業株売却を公言

ソフトバンク孫氏、発表前に口滑る:ウォルマートとの合意

「やばいですね。どうしよう、言っちゃったからね、もう取り消せませんね」。ソフトバンクの孫正義会長兼社長は9日の決算発表会見で、保有するインドの電子商取引最大手フリップカート・オンライン・サービシズ株のウォルマートへの売却合意が未発表だったことに気付き、苦笑いした。

孫正義会長兼社長

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  会見冒頭のプレゼンテーション時に、孫氏はビジョン・ファンドを通じて2割強を保有しているフリップカート株式について、米小売り大手ウォルマートへの売却を前夜に最終合意したと発言。その後の質疑応答時に後藤芳光最高財務責任者(CFO)が差し出した紙を見て売却合意が未発表であることを認識し失言を認めた。

  孫氏は、約25億ドル(約2700億円)で取得したフリップカート株を約40億ドルで売却したことも明らかにした。うっかり公言してまったウォルマートへの株式売却は、同社が過去最大の買収案件として数時間後に発表を予定しているものだった。

  ウォルマートは、フリップカート株の過半を取得することでインドの電子商取引市場に足掛かりを得ることを目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE