ディズニーCEO、フォックス資産買収になお自信-買収合戦の観測も

  • 入札の可能性を推測するのは「あまりにも時期尚早」とアイガー氏
  • ディズニー株、8日の時間外取引で一時1.8%安

ウォルト・ディズニーのロバート・アイガー会長兼最高経営責任者(CEO)は8日、21世紀フォックスの資産を524億ドル(約5兆7000億円)で取得する合意を確定できる自信があると述べた。同資産を巡り、コムキャストとの買収合戦の観測が流れている。

  ディズニーは昨年12月にフォックスの資産取得で合意。アイガー氏は同資産の入札の可能性について推測するのは「あまりにも時期尚早だ」と述べた。その上で、当局の承認を得やすいほか、統合後の資産価値を踏まえると、フォックスの株主にとって最善の選択肢はディズニーだとあらためて主張した。

ディズニーのアイガーCEO

(出所:Bloomberg)

  アイガー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、フォックスだけでなくディズニーの株主にとっても、両社の資産統合が「極めて説得力のある提案だ」と語った。フォックスの取締役会は全会一致で合意を承認した。

  ただ、投資家はなお懐疑的だ。ディズニーが8日発表した1-3月(第2四半期)決算は全般に好調だったにもかかわらず、同社の株価は時間外取引で一時1.8%安を付けた。

原題:Disney’s Iger Remains Confident on Fox Deal as Comcast Circles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE