グーグルのAIアシスタント、美容院やレストランの電話予約が可能に

  • 開発者会議の初日に新機能「グーグル・デュプレックス」を発表
  • 食品配送サービスや子供向け新機能なども明らかに

米グーグルは8日、人工知能(AI)アシスタント「グーグルアシスタント」が利用者に代わり美容院やレストランの電話予約ができるようになると発表した。

  これはアルファベット傘下グーグルがカリフォルニア州マウンテンビューで開催した開発者会議「I/O」の初日に注目を集めた新機能の一つ。サンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、この新機能「グーグル・デュプレックス」を実演し、AIアシスタントが美容院やレストランと音声通話する様子が示された。

  グーグルのAIアシスタントは、できる限り多くの端末への音声検索ツール搭載を目指すピチャイCEOの戦略の中心。米アマゾン・ドット・コムのAIアシスタント「アレクサ」やAIスピーカー「エコー」追撃を目指す。

  グーグルは開発者会議で、同社のAIアシスタントが現在5億台の端末に搭載されていることを明らかにした。また、子供向けの新機能や、スターバックスなど小売業者と提携するAIアシスタントを使った食品配送サービスなども発表した。

原題:Google’s Assistant Will Now Book You an Appointment on Its Own(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE