Photographer: Meg Roussos

グーグルやゴールドマン幹部がAI協議へ-ホワイトハウスに集結

  • 雇用喪失や中国の影響力拡大などが懸念されている
  • 米国民のためAIの明るい未来を十分に実現する政策を協議
Photographer: Meg Roussos

人工知能(AI)について議論するため10日開かれるホワイトハウスでの会合に、グーグルの親会社アルファベットやゴールドマン・サックス・グループ、ボーイング、CVSヘルスなど40社余りの幹部が出席する予定だ。AIを巡っては雇用や中国の影響力への懸念が高まっている。

  出席者はエネルギーや製造業、医療、テクノロジー、金融などさまざまな業種の財界首脳100人余りのほか、政府高官や専門家。国家の研究開発(R&D)支援や米労働者によるAI利用促進、米国でのAI革新の障害除去などAIに関連する問題に取り組むためワシントンに集結する。

  米ハイテク業界は既に規制全般による脅威にさらされており、AI普及に伴う雇用喪失への懸念、この分野での中国との激しい競争などもあるが、今回の会合はそうした中で開かれる。中国政府はAIを国家の優先事項の一つに据えており、銀行サービス更新や人混みの中での顔認識、ドローン操縦などで多くの中国企業が機械学習システムを導入している。米国はホームグラウンドでの強みを放棄したくない考えだ。

  会合に関するホワイトハウスのアジェンダによると、出席者は「米国民のためにAIの明るい未来を十分に実現するための政策」について協議する。

原題:Google, Goldman, Boeing Head to White House to Discuss AI (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE