アルゼンチン、IMFに300億ドルの信用枠設定を要請-関係者

  • アルゼンチン大統領:IMFとの交渉を開始した
  • 通貨ペソは発表後にドルに対する下げ幅を縮小

アルゼンチンは国際通貨基金(IMF)と300億ドル(約3兆2800億円)の弾力的信用枠(FCL)設定を交渉している。事情を直接知る関係者が語った。

  マクリ大統領は8日、アルゼンチンがIMFとの交渉を開始したと述べたが、交渉中の信用枠の規模は明らかにしていなかった。同国では通貨ペソの急落が債券や株式市場にも波及し、中央銀行は金利を40%に引き上げざるを得なくなっていた。IMFには電話と電子メールでコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  マクリ大統領はテレビ演説で、IMFの信用枠確保により「アルゼンチンの経済成長と開発プログラムを強化できる」と説明。「新たな世界のシナリオに対処し、アルゼンチンが以前襲われたような危機を回避することも可能になる」と続けた。

  この発表を受け、ペソはドルに対する下げ幅を縮小した。

原題:Argentina Said to Request $30 Billion IMF Flexible Credit Line(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE